トップ » 最新号・Vol.24 » 応用情報学への招待 » 舞台芸術IT » ハリウッドで活躍中のキリル・コシック氏が指導

Accumu 舞台芸術IT

ハリウッドで活躍中のキリル・コシック氏が指導

「プロメテウス」,「007スカイフォール」でビジュアル効果を手掛けた

ハリウッドで活躍中のCGアーティストが舞台芸術ITを指導

キリル・コシック氏がKCGI准教授に就任 学生とともに「MUΣAショー」を演出

京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学などKCGグループが2014年から開催している「MUΣAショー」は,KCG創立50周年(2013年)を記念してニッツァ・メラス教授(シルク・ドゥ・ソレイユのメインボーカリスト)が制作したアルバム「MUΣA」をもとに,さまざまなアートを織り交ぜてつくり上げる。ショーの制作は,KCGグループにおける舞台芸術ITに関するカリキュラムの中で進められ,多くの学生が参画している。このショーの演出に,米国・ハリウッドで活躍中のキリル・コシック氏が加わった。コシック氏は2016年,KCGI准教授に就任。主に技術面で,学生に熱い指導を続けている。コシック氏のこれまでの活動について紹介する。