トップ » バックナンバー » Vol.13 » 京都情報大学院大学 開学記念式典 コロンビア大学教育大学院からのメッセージ

Accumu Vol.13

京都情報大学院大学 開学記念式典 コロンビア大学教育大学院からのメッセージ

コロンビア大学教育大学院 教育学教授
オーガニゼーション・リーダーシップ学科長
クレーグ・E・リチャーズ博士

クレーグ・E・リチャーズ博士

この度の専門職大学院設立を心よりお慶び申しあげます。京都情報大学院大学が1月に認可され,現在,素晴らしい教授陣,新しい施設,また特色あるカリキュラムによって授業が開始されていることを大変喜ばしく存じます。

この偉業は賞賛されるべきことであります。困難ながら,十二分にやりがいのある努力の成果だと確信しております。2004年9月より,コロンビア大学ティーチャーズカレッジ オーガニゼーション・リーダーシップ学科の学科長に就任することになり,私自身も,権威のある教育機関を設立し,政府の認可を得るという過程がいかに大変であるかを身にしみて感じております。必要な人的資源を獲得・組織するためには,大きな指導力と強い忍耐力が不可欠になります。しかし,貴学の場合,これがあっという間に成し遂げられました。新法は2003年4月にできたばかりです。私の記憶では,6月に認可申請をしたところ,申請はたった一校,貴学だけでした。2004年1月には設置認可を受け,そして4月にはもう大学院が稼動しているのです。これはもう奇跡に近いことでしょう。コロンビア大学ティーチャーズカレッジで長谷川亘氏と共に研究できたことを嬉しく思うとともに,わがティーチャーズカレッジの卒業生である同氏が,教育分野における革新とリーダーシップの最上の見本を示してくれたことを誇りに思います。皆様のご発展とご多幸をお祈りいたします。


Dear Madam Yasuko Hasegawa, Chairperson of the Board of Trustees; and Dr. Hiroshi Hagihara, President, The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics (KCGI):

Thank you for your kind and generous invitation to attend the opening ceremony and reception for The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics. It is with great disappointment that I can not attend as I have another commitment since I was newly elected chair.

I would like to take this opportunity however to congratulate you on the new graduate school. It is a pleasure to hear that The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics was approved in January and is now already in session with an excellent faculty, new building, and a well-designed curriculum.

I commend you for this outstanding achievement. I know that this was a difficult and challenging accomplishment. As a newly elected Chair of the Department of Organization and Leadership at Teacher's College (effective September, 2004), I am all too familiar with the hard work it takes to get government approval and to establish a respectable educational institution. It takes great leadership and strong perseverance to procure and organize the necessary resources. Never mind, that this was all done quite speedily, the new law was only passed last year in April, 2003. As I recall, in June of 2003, you applied and were the only computer school to do so. In January of 2004 the school was approved, and now in April 2004, the school is operational, something short of a miracle. It's wonderful to have worked with Wataru Hasegawa as a graduate student, and we are proud to have a Teacher's College graduate who exemplifies the best characteristics of leadership and innovation in education.

The very best wishes to you in this new venture.

Congratulations!

Craig E. Richards, Ph.D.
Professor of Education
Teachers College, Columbia University
Department of Organization and Leadership


コロンビア大学教育大学院 平和教育センター創設者
ベティ・A・リアドン教育学博士

ベティ・A・リアドン教育学博士

京都情報大学院大学の開学記念式典にあたり,お祝い申しあげます。あわせて,将来のご発展をお祈りいたします。

技術教育を通してグローバル・コミュニティに貢献する京都コンピュータ学院を基に設立されたこの新しい修士課程プログラムは,情報技術の分野において,他に類を見ない重要な技術進歩を提供するものです。不平等,不正,暴力という地球全体に関わる諸問題の克服に果たすべき情報の役割を強調することは,地球市民育成のための教育にとって必ずや大きな貢献となるでしょう。

地球上でこんなに多くの人々が待ち望んでいる平和文化は,人間の生み出した一切の制度をあげて,この目的に向かわしめることを要求します。このたびの皆様のプログラムは,京都情報大学院大学を模範として,情報技術利用にあたっての社会的責任を教育するよう,全世界の平和教育者と情報教育者をいっそう激励するのに役立つでしょう。

この新しい,前途有望なプログラムの成功をお祈りします。


It is with admiration that I extend to you my congratulations and my very best wishes on the occasion of the formal opening of The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics.

In building upon the foundation of Kyoto Computer Gakuin in socially responsible technical education and service to the global community, this new advanced degree program offers a unique and much needed development in the field of information technology. Your emphasis on the potential application of informatics to overcoming global problems of inequality, injustice and violence promises to be a significant contribution to education for global citizenship.

A culture of peace, the much desired goal of so many of the world's peoples requires the focusing of all human institutions on this purpose. Your program will serve as a model and inspi-ration to peace educators everywhere and informatics educators who will look to The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics as model, inspiring more in the field to educate for socially responsibility in the use of information technology.

I wish you every success in this new and promising program.

Betty A. Reardon, Ed.D.
Founding Director, Peace Education Center
Teachers College Columbia University


コロンビア大学教育大学院教授
トマス・ソボル教育学博士

トマス・ソボル教育学博士

こんにちは。コロンビア大学教育大学院教授のトマス・ソボルです。長谷川亘氏は私の学生でしたが,彼は将来きっとすごいことをやるだろうと,期待していました。それにしてもこんなに早いとは予想していませんでした。京都情報大学院大学の創設という素晴らしい成果を上げられたのですから,今後は,ますます多くの人とのコラボレーションが進むこの分野で,日本のみならず世界を舞台に 重要な役割を果たされることを期待します。おめでとうございます。


Hello, my name is Thomas Sobol. I'm a professor of education here at Teachers College, Columbia University in New York City. One of my students was Mr. Wataru Hasegawa of whom we expected great things. We didn't expect anything this great so soon. Because of the wonderful accomplishment to organize The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics, you should provide a very useful function, not only in it's own society, but across the world as we increasingly collaborate with one another on these matters.

I congratulate Mr.Hasegawa, and all his colleagues and associates, and wish you all the very best.

Thomas Sobol, Ed.D.
Professor, Teachers College
Columbia University


コロンビア大学教育大学院 高等教育学科非常勤助教授
コロンビア大学インストラクション・カリキュラム開発学科長
アーサー・ランガー博士

アーサー・ランガー博士

このたび開学した京都情報大学院大学に関してお話しできることを光栄に思います。

現代のテクノロジーは刺激的な領域です。KCGは41年の歴史を持つ極めて独創的な学校です。私自身が教員として,進歩するテクノロジーという課題に関わっている理由の一つは,KCGの精神に合致するものです。テクノロジーにはビジネスと社会生活のあらゆる局面に影響を与える三つの主たる特性があります。第一に加速性。私たちがビジネスで行う全てのことが,テクノロジーが世界に与えている影響に依存する度合いを強めております。第二に,予測不可能性。テクノロジーが何をもたらそうとしているのか,どのような形でビジネスに影響するのかを,私たちが予測するのは簡単なことではありません。第三にダイナミックであること。私たちは,テクノロジーが私たちにいつ,どのようにして影響を与えているのか明確に把握することはできません。

それゆえに,テクノロジー自体にとらわれることのない,管理者や未来のリーダーを生み出すことが重要なのです。そうです,テクノロジーは,戦略的な統合に影響を与えます。そして,戦略的に統一した視点を持つことは,私たちがいかに行うビジネスにおいて,どのようにしてテクノロジーを競争的,戦略的に活用し続ければよいかについて影響を与えます。しかし,より重要なことは,文化的な効果です。組織の国際化という状況において,ビジネス上,私たちがどのようにふるまえばよいか,あるいは多文化の中にあって,私たちがどのように働き,活動すればよいかが重要なこととなります。

おめでとうございます。未来のリーダーや技術者を育成することはビジネスだけでなく,私たちの日常生活のすべての側面において極めて重要なことであり,私もそこに参加する機会を得られることを心待ちにしております。


I'm very excited to be here today to talk to you about the new The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics. Technology today is a very challenging area. KCG is a unique school in that its 41-year history it's one of the few schools that has increased applications in graduate students. And for that very purpose, it's one of the reasons why I am on the faculty to be participating in the challenges of technology going forward. I would like to talk little bit about that technology has three major areas that are affecting every aspect in business and social lives. One, it's acceleration. Everything we do in business is being more and more dependent on what technology is doing to our world. Two, it's unpredictable. As much as we say and think that we know what technology is going to do and how it's going to affect businesses and society, it's not that easy. And three, it's dynamic. We don't know exactly when and how it's going to affect us. That's why it's so important to create leaders in the future and managers, going beyond just the technology itself. Yes, technology affects strategic integration, and it affects how our businesses are going to use it competitively and strategically. But more importantly are the cultural effects, how we situate that in businesses, and with the internationalization of the organizations, how we work and operate within cultures, is crucial.

I offer my congratulations, my excitement and my interest in participating in creating tomorrow's leaders in technology, something that is of crucial importance in everything we do in business and in life.

Arthur Langer, Ph.D.
Adjunct Assistant Professor of Higher Education
Teachers College, Columbia University
Chair, Instruction and Curricular Development


コロンビア大学教育大学院助教授
テリー・オア博士

テリー・オア博士

私は,コロンビア大学ティーチャーズカレッジのテリー・オアと申します。この度,京都情報大学院大学が開学を迎えられましたことを,お喜び申しあげます。これも長谷川亘氏のご尽力の賜と存じます。KCGの41年にわたる歴史と,これまでに築いてこられたロチェスター工科大学との緊密な関係の上に,情報とマネジメントの両分野におけるリーダーの育成を目指して開学された貴学で教鞭を取ることを,今から心待ちにしております。テクノロジーとマネジメント双方に通じたリーダーは,日本のみならず国際的にも長い間渇望されていました。貴学は,日本において最初にそれらの要望に応えるのです。貴学は世界に認められるスタンダードとなるに違いありません。コロンビア大学ティーチャーズカレッジで,リーダーシップと組織変革について研究され,貴学を開学まで導かれた長谷川亘氏の偉業に対し,賛辞を贈ります。京都情報大学院大学のご発展,また卒業生が将来ご活躍されることを期待しております。


Dear Professor Wataru Hasegawa:

Good afternoon. This is Terry Orr, from Teachers College at Columbia University, wishing congratulations and good luck to The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics. And a special congratulations to Wataru Hasegawa for all his hard work and accomplishments. I'm looking forward to coming to work at the new college building on 41-year history of KCG and their earlier work in their relationship with the Rochester Institution of Technology to lead the way in preparing leaders in both information and management. There has been a long- standing need both in Japan and around the world for leaders who respond to both technology and management. This school goes a long way in filling that need by starting first in Japan. I know that it will become a standard that will be recognized throughout the world. Congratulations, especially to Wataru for all his hard work, who has planned for this since his early years in Teachers College, where he studied leadership and organizational change in his graduate course work. I look forward to hearing more about the accomplishments of this new college and all that it's graduates are going to accomplish in years to come.

Terry Orr, Ph.D.
Associate Professor, Teachers College
Columbia University