トップ » バックナンバー » Vol.3 » 対ガーナ情報教育振興事業について

Accumu Vol.3

対ガーナ情報教育振興事業について

京都コンピュータ学院は昨年より国際情報教育振興事業として,タイ国への教育支援を開始した。このプロジェクトは民間による教育支援という独自性の故その反響も大きく,国民的運動へと盛り上がりを見せ,報道各社が取り上げることとなった。そういった中,新聞記事の一つがきっかけとなり,ガーナ大使館から学院へ同様の支援の要望が伝えられた。

かねてより学院ではガーナから留学生を受け入れており,また,野口英世博士の例に見るごとく,日本とガーナとは歴史的な深いつながりを有していることから,ガちに対ガーナ情報教育振興事業を行うことを決定し,劣ーナ大使館・ガーナ工業科学技術省との折衝に入った。

プロジェクトの第1段階として,学院所蔵の8bitパソコン208台を寄贈し,ガーナ大学,ケープコースト大学,クマシ科学工業大学を始め,地方の技術大学に設置する。これらの大学では現在,コンピュータ教育が殆ど行われていないので,まず寄贈パソコンを使いこなせる技術者養成が先決である。そこで夏には学院教職員・学生が海を渡り,首都アクラでパソコン講習会を開催する。その後,秋にはガーナ教員15名を日本に招き,京都コンピュータ学院で研修を受ける。今回のプロジェクトはガーナ共和国におけるコンピュータ教育の先駆的役割を果たすものであり,野口英世博士に見られる献身的な活動の伝統を引き継ぐものであると現地では高く評価されている。


Last year, Kyoto School of Computer Science (KSCS) started an educational support program in Thailand as its first international project for the development of Information Education. This educational support project is unique in that government is not involved. Because of that, there is a growing support among the public. News articles and TV reports have increased public awareness of the project. The Ghanan ambassador to Japan became aware of the project through the media and directory contacted the KSCS to explore the possibility of a similar project in Ghana.

The KSCS decided to take on this project, especially since Japan and Ghana have had a long-time relationship beginning with the work of Dr. Hideyo Noguchi. Also, the KSCS has had some students from Ghana. The school immediately began discussing the project with the ambassador as well as tne Minister of Industrie's, Science andlTechnology.

As the first step of this project, we will donate 208 8-bit personal computers to be distributed among several institutes in Ghana, including, University of Ghana, University of Capecoast, University, Science and Technology, Kumasi. These Universities don't presently have a developed conputer curriculum, thus we will begin by training instructors to use the computers donated and to teach others how to use them. This summer, instructors and students from the KSCS will be going to Ghana to conduct an introductory course in the city Accra. In addition, 15 of the Ghanan teachers will be invited to the KSCS in Japan this fall to take a more advanced course.

The Ghanan representatives are hopeful that this project will prove the start of Ghana's computer education and will carry on the spirit of public service of Dr. Noguchi.


※ このプロジェクトの推進費用は,日本万国博覧会記念協会からの交付金と京都コンピュータ学院主催のチャリティコンサートで賄われる。