トップ » 最新号・Vol.24 » ニュースこの1年「KCG365」 » 京都廣学館高校と連携協定を調印,出張授業を通じ生徒に専門教育

Accumu ニュースこの1年「KCG365」

京都廣学館高校と連携協定を調印,出張授業を通じ生徒に専門教育


高専学校連携協定を結んだ京都廣学館高等学校の中西紳也校長(右)と,京都自動車専門学校の手塚正義校長

京都自動車専門学校(KCGM)は,学校法人南京都学園 京都廣学館高等学校(京都府相楽郡精華町下狛中垣内48,中西 紳也校長)との間で2016年3月16日,高専(高校・専修)学校連携に関する協定を結んだ。これを受け京都自動車専門学校は5月から同高校への出張講義を実施,生徒たちに,専修学校における高度な教育に触れる機会を提供していく。

この日京都廣学館高等学校で調印式があり,同高校の中西校長と京都自動車専門学校の手塚正義校長が調印書にサインした。中西校長は「自動車がどんどん進化する中,歴史と実績のあるKCGグループとより深い関係を持つことができてうれしい。人間教育・職業教育を一層充実させていきたい」,手塚校長は「働いて生きていく力はもちろん,人間力を身につける機会を提供できるよう努めたい。旧来の整備士の知識・技術に自動車のシステム面も教育のメニューに加えながら,より良い人材を育成できることを確信しています」とあいさつした。

京都自動車専門学校は1986年,京都府下で最初の第一種自動車整備士養成施設として開校。2013年には京都コンピュータ学院,京都情報大学院大学等で構成されるKCGグループに入り,ITを学べる自動車整備士養成学校として生まれ変わった。これまでに,多彩なブランドを手掛ける大手輸入車ディーラー株式会社マツシマホールディングス,ビー・エム・ダブリュー株式会社(BMW Japan)との間で優れた自動車整備士養成を目的とした業務提携を結んできたが,教育機関との提携は今回の京都廣学館高等学校が初めて。なおグループ校の京都コンピュータ学院は,京都聖カタリナ高等学校,クラーク記念国際高等学校京都キャンパス,洛陽総合高等学校,京都つくば開成高等学校,彦根総合高等学校と学校連携事業協定を結ん でいる。

京都廣学館高等学校は学習塾を起源に1984年,南京都高等学校として開校。2013年,現校名に変更し,普通科のアドバンスコース,ジェネラルコースと単位制・通信制課程を設置している。スポーツが盛んなことでも知られ,ロンドン五輪ボクシ ングミドル級金メダリストの村田諒太さん,ボクシングWBCバンタム級チャンピオンの山中慎介さん,元プロ野球ソフトバンクホークスの斉藤和巳さんらは同校の卒業生。