トップ » Vol.22-23 » KCGグループ創立50周年

Accumu Vol.22-23

KCGグループ創立50周年

We're not Alone/Jupiter 50年の歴史に捧ぐ

Nitza Melas(ニッツァ・メラス)
http://www.nitza.com/

多言語を操り,世界各地で聴衆を魅了してきたカナダ・モントリオール生まれのシンガーソングライター。各国でサーカスやミュージカルなどの公演を続けるエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のメインボーカリスト3人のうちのひとり。そのうち自らが作詞作曲した歌がシルク・ドゥ・ソレイユのショーに採用されたのは彼女のみで,事実上,同集団のトップ歌手といえる。レーベル(レコード会社)には属さず,歌,作詞作曲のみならず,グラフィックデザイン,プロモーション,販売まですべてをこなす。2013年度より京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学 教授。

We're not Alone/Jupiter

Lyrics by Nitza Melas
Music by Gustav Holst


Looking up, into the midnight sky
We're not alone, among the stars
Looking up, at all the gleaming lights
The dance of spheres begins

Looking down, at all our disaccord
They hope we can survive
All the hatred and the bigotry
Through darkest times we'll rise

And together we're connected
And together, we rely
On the bright rays of one sun
The source of all our lives

Looking back, at all the challenges
We'll be inspired by our odds
That seemed, too steep to overcome
Except for our desire

All this fighting and this pain
Hold us back from our humanity
If we can find it in our hearts
To forgive
And to wish for something
deeper in our lives

Let us try to share the joy
Let us feel the hope and peace
Let the past just slip away into the void
Look up, remember
At how this universe exists
There's a place for all to dream & co-exist

And together we're connected
And together, we can fly
Towards a peaceful existence
Forever in our grasp

Looking up, into the midnight sky
We're not alone, among the stars
Looking up, at all the rays of light
The dance of spheres never ends

訳詞:長谷川亘/茨木俊秀
英保茂/髙橋良子


真夜中の空を 見上げれば
満天の星に包まれて 私たちは孤独じゃない
煌めく無数の光を 見上げれば
星たちの輪舞が始まる

すべての対立を見下ろして 星たちは
私たちが乗り越えて行くことを期待している
憎しみや偏見に満ちた
暗闇の中から立ち上がることを

私たちは共につながっている
そして共に 信じ合おう
すべての命の源
燦々と輝くひとつの太陽の下に

すべての試みを 振り返れば
きっとうまくいくだろうと感じるはず
乗り越えるのが 難しそうなことも
熱く求めさえすれば

この争いと苦痛のすべてが
思いやりを失わせる
でも私たちが
心の中で許すことと
命の中により深く願うことに
気づくことができるなら

喜びを分かち合ってみよう
希望と安らぎを感じよう
済んだことは彼方へ消し去って
見上げて そして忘れないで
このありのままの宇宙に
共に夢みて生きる場所がある

私たちは共につながっている
そして共に 羽ばたくことができる
永遠に安らぎに満ちた暮らしを
しっかりと掴むために

真夜中の空を 見上げれば
満天の星に包まれて 私たちは孤独じゃない
降り注ぐ無数の光を 見上げれば
星たちの輪舞はいつまでも終わらない