Accumu ハリウッドで活躍中のキリル・コシック氏が指導

about Cyryl Koshyk

キリル・コシックのこれまでの歩み

Cyryl Koshyk (also known as Kiril Koshyk) is an extremely accomplished visual effects supervisor/artist who has worked on many high-budget feature films and TV series,drastically enhancing the production value and quality of these projects, by his experience both in visual and technical world.For over two decades, Cyryl has worked with Hollywood's most experienced artists, and continues to provide custom solutions to all IT needs and requirements, by combining both ‒ software and hardware knowledge,

Backgrounds and Significant Credits in Hollywood

Cyryl spent his formative years and finished his education and several arts schools in Poland. Since then, he has been interested in complex technology, computer arts & science, entertainment / films production and filmmaking, performing arts, high-end technologies and research. He pursued his career in Los Angeles, as visual effects supervisor, film maker and digital artist, he worked with many talented people along, and many productions - feature films (as visual effects supervisor/consultant including "Prometheus", "300 Rise of an Empire” , "Captain America: The First Avenger", "30 Days of Night", "Final Destination", "Jennifer's Body", "S.W.A.T." ), TV shows, commercials, music videos with award winning artists, just to name a few.

Additionally, his frequent clients include major film studios: Paramount Studios, Raleigh Studios, Warner Brothers, and TV stations including: MGM HD, National Geographic, NBC, Universal Sports, NBC, production companies: Comcast Spotlight, GRB TV, VivoTV, Original Productions, PostModern Productions, PostMP.

Technological Expertise that Enhances Art

Cyryl has always been passionate about digital & technology as an expression of art in all shapes and forms as well as sound, continuously seeking new extraordinary technologies to enhance ‒ digital art projects, films, and other IT based projects.

Cyryl’ s connection with technology dates back to the early 90's when he started working extensively with 8-bit computers (Atari, Commodore, Elwro, ZX Spectrum era), and started to write his own programs in: Basic, Logo, Pascal languages. He’ s been always interested in using computers ‒ to enhance art, and use variety of software ‒ as tools.

These experiences - started in Photo Styler (original Photoshop) and Deluxe Paint (Amiga) and then followed with PC first 3D software - Kinetix 3D Studio Max- make him an avid programmer in technologies including: HTML, PHP, JavaScript, jQuery, AJAX, MySql, Flash, Cloud Computing, Super-Computing Network Render Farms, complex database development, mobile app development, custom solutions, with deep knowledge and understanding in today’s most notable software packages.

In early 1999, he designed over 60 websites for high-end corporations, artists, independent companies including aggressive marketing and promotion. He spend 10 years in web development, and 15 years in Hollywood industry ‒ as visual effects supervisor, pre and post-production manager, 2D/3D artist, digital matte painter, digital composer, video editor & sound mixing, network rendering. bringing cutting edge technologies to any projects, from simple to most complex.

Best of Both Worlds

In the last 20 years, Cyryl has mastered most aspects of today's technologies ‒ both software / hardware, the art of digital cinema, film making, post-production, digital arts and highly complex visual effects production, and has worked with US largest corporations, private companies, brands, companies and production companies, performing artists (actors, singer, musicians).

Cyryl remains very active within Hollywood & entertainment industry, leading technologies and research, in which he equally mastered the craft of filmmaking and post-production, including VR, Real-time Tracking, Mocap, Cloud Rendering.

Multi-talented, highly experienced (both in development, execution, branding, delivery) and well oriented ‒ digital artist & designer, programmer and developer with extensive portfolio across all media, internet and technologies in recent years, Cyryl often finds his own unique and efficient solutions, including complex LIVE 3D SHOW with high interactivity and control, as showcased in KCGI’s MU∑A concert

キリル・コシック氏は,多くの大規模予算の劇映画やテレビシリーズ作品の製作に携わるという顕著な業績を持つ,ビジュアル効果スーパーバイザー/アーティストだ。彼は,自身の経験とスキルを視覚効果や技術の分野に持ち込み,作品の価値や質を格段に高め,ソフトウエアとハードウェア両方の知識を活用して,20年以上にわたり,ハリウッドの有能なアーティストたちと一緒に仕事をし,ITの分野で必要とされる解決法を見出してきた。

ハリウッドでの輝かしい業績

コシック氏はポーランドで育ち,そこで教育を受け,いくつかのアート系の学校で学んだ。以来,高度なテクノロジー,コンピュータアートと科学,エンターテインメント,映画製作,舞台芸術,高度なテクノロジー開発に,強い関心を抱いてきた。

その後ロサンジェルスでキャリアを積み,ビジュアル効果スーパーバイザー,映画製作者,デジタルアーティストとして,多くの才能ある人々と共に数々の作品を手掛けた。ビジュアル効果スーパーバイザーやコンサルタントとして関わった長編映画には,『プロメテウス』,『300〈スリーハンドレッド〉』,『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』,『30デイズ・ナイト』,『ファイナル・デスティネーション』,『ジェニファーズ・ボディ』,『S.W.A.T.』などがあり,ほかにも,テレビ番組,コマーシャル,受賞歴のあるアーティストによるミュージック・ビデオも多数手掛けている。

また同氏の常連顧客には,パラマウント・ピクチャーズ,ラレー・スタジオ,ワーナー・ブラザースといった大手映画会社のほか,MGM HD,ナショナルジオグラフィック,NBC,ユニバーサル・スポーツ,NBCといったテレビ局に加え,コムキャスト・スポットライト,GRB TV,VivoTV,オリジナル・プロダクションズ,ポストモダン・プロダクションズ,PostMPなどの制作会社などの名だたる面々が並ぶ。

テクノロジーの強みを芸術分野で最大限に発揮

コシック氏は,あらゆる形態や形式,サウンドを含む,アート表現としてのデジタル・テクノロジーに情熱を傾けてきた。そして常に,新しく画期的なテクノロジーを使うことで様々な作品(デジタル・アートのプロジェクト,映画,その他のITを利用したプロジェクトなど)をさらなる高みに導いてきた。

彼のテクノロジーとの密接な関係は90年代初期にさかのぼる。専ら8ビットのコンピュータ(Atari,Commodore,Elwro,ZX Spectrumera)を使い,さらにBasic,Logo,Pascalなどの言語を使って,自分でプログラムを作成した。いつも,コンピュータを使って芸術性を高めることに注力し,様々なソフトウエアを道具として使うことに関心を払ってきたのである。その後Photo Styler(現在のPhotoshop)とDeluxePaint(Amiga)に始まり,最初のPC用の3DソフトウエアであるKinetix 3D Studio Maxの活用へと移る。こうした経験を経たキリル氏は,貪欲なプログラマとしての顔も持つ。HTML,PHP,JavaScript,jQuery,AJAX,MySql,Flash,Cloud Computing,Super-Computing Network Render Farmsに熟達し,複雑なデータベースの開発,モバイル・アプリの開発,カスタム・ソルーションのほか,最先端のソフトウエアの多くについても精通している。

1999年初めには一流企業,アーティスト,独立企業のために,大々的なマーケティングとプロモーション戦略も含めたウエブサイトを60以上,デザインし構築した。ウエブ開発に10年間従事した後,活躍の場をハリウッドに移し15年間にわたり,視覚効果スーパーバイザー,プレ&ポストプロダクション・マネージャー,2D・3Dアーティスト,デジタル・マット・ぺインター,デジタル・コンポーザー,ビデオ編集とサウンド・ミキシング,ネットワーク・レンダリングを担当するなどして才能を発揮した。いずれのプロジェクトにおいても,シンプルなものから複雑なものまで作品に合わせて最先端のテクノロジーを持ち込むのがキリル氏の強みだ。

最先端の芸術を生む多彩な才能

過去20年間でキリル氏は,あらゆる方面の最先端のテクノロジーをマスターしたと言っても過言ではない。その領域は,ソフトウエアとハードウェアの両方,デジタルシネマの技術,映画製作,ポスト・プロダクション,デジタル・アート,それに,非常に複雑なビジュアル効果の制作まで多岐にわたる。そしてアメリカで最大規模の企業や,ブランド,制作会社,パフォーミング・アーティスト(俳優,歌手,音楽家)らとともに仕事をしてきた。

キリル氏は,現在もハリウッド並びにエンターテインメント業界において活躍中で,ポスト・プロダクションと映画製作の両領域において,止むことのない探求心で新技術の開発をリードしている。これらにはVR(ヴァーチャル・リアリティ),リアル・タイム・トラッキング,Mocap,クラウド・レンダリング技術などを含む。

開発から実行・ブランド戦略・デリバリーにまで熟練し,デジタル・アーティスト&デザイナー,プログラマー,開発者として,多彩な顔を持ち,ここ数年はインターネットと関連するテクノロジーの仕事を始めとし,あらゆるメディアにわたる十分な実績を持つキリル氏は唯一無二の人材として重宝されている。

本学で開催されたMU∑Aショーで示してくれたように,キリル氏だからこそ編み出せる,高いレベルの相互作用とコントロールによる,複雑なライブ3Dショーといった独自のソリューションには,今後も注目が寄せられることだろう。