トップ » バックナンバー » Vol.14 » ベトナムとの交流について ― ベトナム最大のソフトウェア開発会社と事業提携

Accumu Vol.14

ベトナムとの交流について ― ベトナム最大のソフトウェア開発会社と事業提携

京都情報大学院大学 教授 内藤 昭三

1. はじめに

「天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも」百人一首の中でも最も馴染みの深いものの一首であるこの歌の作者,安倍仲麿は,およそ1300年前の奈良時代に遣唐使の一員として唐に渡り,そのまま帰国することなく生涯を終えた。この間,唐から派遣され,現在のベトナムで行政官を務めている。玄宗皇帝の時代であり,仲麿は,李白や王維とも親交があったようだ。今回のベトナム滞在中にも,何名かの方が,日本とベトナムとの1300年の古くからの交流に言及された。戦争と難民のイメージしかなかったベトナムに急に親しみを感じた次第である。滞在期間中(2004年9月末の1週間弱),ベトナム最大のソフトウェア会社であるFPT社やハノイ工業大学,小中学校などの教育機関を足早に訪問した。ここでは,京都情報大学院大学(KCGI)の開設を契機として始まった,kcg.eduグループとベトナムとの交流と今後の展望について述べる。

2. ベトナムの風

今回の訪問地は,首都ハノイとその周辺。ベトナム(Viet Nam)は,漢字を当てれば「越南」。越のさらに南の地という意味である。ベトナムの人は,むしろ「南越」を望んだが,中国が許可しなかったらしい。さらに,ハノイ(Hanoi)は「河内」。河は,ホンファ(紅河)であり,この河の流域の街を意味している。その昔,ベトナム王朝は,「昇龍(タンロン)」を主張したが,やはり中国が許さなかったという。ホンファは,名の表すとおり紅い河であり,中国四川省から国境を越えてハノイを経由し,トンキン湾に注ぐ。四川の中の1本は,このホンファかも知れない。ホンファの紅さが,土壌の肥沃さを映している。中国との国境は,ちょうど北回帰線と重なっている。かつて国境紛争が激しかったころは,国境線を越えて物騒なものもホンファを流れたそうである。北回帰線の南では,9月ではまだ暑いだろうと覚悟していたら,予想は外れた。暑いという感じはない。スタイルの良い女性が,風になびかせるアオザイ姿も涼やかだ。さらに,涼しい朝に頂く温かいフォーは格別な味だ。

ベトナムは,フランスの植民地時代を経ている。ハノイの街でも,コロニアル風の建物や,ファッションセンスにその名残を感じる。その一方で,街は活気に満ち,生活感みなぎる人々の暮らしは,どこか大阪風だ。人口も大阪とほぼ同じ。街はバイクにあふれ,道路の横断にはなかなか慣れなかった。バイクに家族5人乗り,という光景もしばしば目撃した。その光景は,地方に行くと一変する。ホンファをさかのぼり,中国に近づいていくと,のどかな田園地帯が広がる。多くの牛や水牛が農耕に使われている。牛たちものんびり。見慣れない我々が気に入らなかったのか,1頭の牛が,急に反対方向にすたこら歩き,家まで戻ろうとしてしまった。おばさんは特に気にする風もなく,牛を追って引き返し,再び牛を引き始めた。道路は,稲の乾燥機の役割も果たしている。もともと狭い道がさらに狭くなり,運転手は苦労している。40年前の日本の田舎の光景に似ていなくもない。なんだか懐かしさを感じた。

3. FPT社訪問

FPT社は,ベトナム最大のソフトウェア開発「株式」会社。1988年設立とのこと。社会主義国ベトナムで株式会社?と不思議に思うが,1986年の第6回ベトナム共産党大会で,市場経済政策「ドイモイ」の導入が決定された。ドイモイはベトナム語で「刷新」を意味している。FPT社は,IBMやOracle,日立ソフトなどとパートナー契約を締結し,アウトソーシングによるソフトウェア開発を行っている。 2004年には,日本事務所も開設し,日本語の堪能なスタッフを多くそろえ,日本からのアウトソーシングも受けている。訪問中に,日本語を流暢に話す女性開発者や関西の大学の大学院を修了したという開発者らと話す機会もあった。ソフトウェア開発では,中国やインドの知名度が高いが,ベトナムも,数理的センスに優れていること,勤勉で几帳面なこと,時間に厳格なことなどの国民性を武器に,これらの先行国を追いかけているように見える。

FPT社は,インドのIT企業であるAPTECH社とライセンス契約を結び,ベトナム内でコンピュータサイエンス教育プログラムを展開している。これらの実績を基に,2005年9月開校をめどに,私立大学の設立準備を進めていた。この大学では,学士号授与が可能となる。KCGあるいはKCGIとの交換留学などの可能性に関しても議論した。

社内を案内されていくうちに,ニッセンの開発チームのブースで,現地駐在として指揮をとっている太田さんという日本人にお会いした。ニッセンは,カタログ販売の大手であり,書店やコンビニの店頭に置かれている分厚いカタログを目にされた方は少なくないだろう。実は太田さんは,25年前のKCGの卒業生だという。あらためて卒業生のネットワークの広さを実感するとともに,「びっくりリンク」の実例を体験することとなった。

4. 教育機関訪問

ベトナム教育省,ハノイ近郊3省の市役所や教育局,小中学校などを急ぎ足で訪問した。どこも教育は国造りの基本と力を入れているようであった。たとえば,ハノイの北西に位置するPhuTho省全体の教育を管轄しているVietTri市の配下では,295の小学校に12万人の小学生,233の中学校に11万2千人の中学生が学んでいる。また,Viet Tri市の教育局は,小学校から高校までのIT教育を指揮している。優秀な学生だけを集めて教育するIT教育センターもあるとのこと。ただし,問題もあり,教科書や設備の充実が課題とのことだった。我々は,小学校でのIT教育として,電話線が通じていれば,インターネットで学校同士をつなげ,さらにViet Tri市にセンターを置いて,遠隔教育が可能であり,いくつかのモデル校をつなげることから始めるとよいと提案した。

高等教育機関では,ハノイ工業大学(HUT)を訪問した。ベトナムで第1番目の国立大学であり,1956年に創立されている。 8万人以上の卒業生を輩出し,現在は,3万5千人以上の人が,フルタイムあるいはパートタイムで学んでいる。数多くの大学と提携しており,日本では新潟の長岡技術科学大学と提携している。マルチメディア情報通信と応用研究センターの説明を受けたが,このセンターは,フランスのグルノーブル大学との提携のもとで,マルチメディア通信や機械翻訳システムの研究開発を進めている。また,eラーニングのセンターを建設中とのこと。ただし,教科書,設備,卒業資格などクリアすべき問題も残されているという。国際協力部には,日本語のクラスもあるという。この訪問の直前に,HUTは,ロボットコンテストで,2004年度アジアNo.1を獲得した。会議の席でも,学部長がこのことに言及された。ベトナムは,数学オリンピックなどでも優秀な成績を修めている。日本の若者の学力低下が懸念される一方で,ベトナムは理科系教育に力を入れているのかもしれない。

5. さいごに

今回の交流は,KCGIの開学記念式典に出席された在大阪ベトナム総領事館のブー・ゴック・ミン氏の仲介で実現した。ミン氏のお嬢さんは,現在日本の大学で学ばれている。下の男のお子さんも機会があれば,日本で学ばせたいそうだ。ベトナムの人は,韓国や中国の人ほど先の戦争に関して日本への非難の感情は強くないという。歴史背景が異なることが大きい要因だろうが,国民性も近いのかもしれない。FPT社とは,その後2005年1月にKCG内で事業提携の調印を行うこととなった。短いベトナム訪問であったが,成長盛りにあった数十年前の日本の姿を見ているような気がした。今後も着実な交流が続くことを希望する。


ベトナム最大手ソフトウェア会社・FPT社との事業提
ベトナム最大手ソフトウェア会社・FPT社との事業提

2005年1月,ベトナム最大手のソフトウェア会社・FPT社とkcg.eduグループとの間で,IT教育支援に関する事業提携が結ばれました。

FPT社は,日本IBM(株)や三洋電機(株)をはじめ多くの日本企業と取引関係にあることから,同社にとって,社員のITおよび日本語のスキルアップは非常に重要です。この提携により,kcg.eduグループは同社に対し,IT教育および日本語教育の面から支援を行います。

この著者の他の記事を読む
内藤 昭三
Shozo Naito
  • 京都大学工学部卒,同大学院修士課程修了(数理工学専攻),工学修士
  • 元日本電信電話株式会社 情報流通プラットフォーム研究所主任研究員,電子情報通信学会インターネット研究会幹事
  • 京都情報大学院大学教授

上記の肩書・経歴等はアキューム14号発刊当時のものです。